FUHUYAMA 求人応募
Topics 1

福山に入社してみて感じていること

波瀬

安田さんと高橋さんは入社してちょうど1年くらい経ったと思うんだけど、実際働いてみてギャップとかある?

そうですね。1年目から裁量が広いということに驚きましたね。ただ作業を指示されるのではなく、1年目の私でさえ自分で考え、提案する機会をもらえるというのが、思っていた以上に自由度が高いなと感じています。

安田
高橋

たしかに。人数が少ない分、一人ひとりの意見を組み取ってくれるよね。社内がアットホームな雰囲気だから、上司に相談しやすいっていうのも嬉しいギャップのひとつ。あとは、1年目なのに現場を一人で任せてもらえることかな。すごく貴重な経験をさせてもらっているなって思います。

その分、責任のある仕事を任されているってことだよね。それだけ、成長の機会も多いから、僕もだいぶ成長しました。建設業のことを何もわからずに入社したけど、今では頼りにされているな、って思います。笑

波瀬
安田

私も未経験だったので、資格取得の支援制度を活用しました。資格を取得したことで、専門的な知識を身につけられたことが自信につながっています。こういう環境があるのは、業界未経験者には特に有り難いですね。

Topics 2

杭の現場で仕事をしてみて感じること

波瀬

実際、現場に出てみてどう?

想像以上に、コミュニュケーションが大事だなって思いますね。
現場の工程管理や安全管理がメインの業務で、メーカーさんと元請けさんの希望の間をとって、折衷案を提案していくんですけど・・・やりとりが難しいなと感じる時もあって。トラブルが起きた時なんかは特に対処と今後の対策を考える必要があるので。

高橋
安田

たしかにそうですね。思っていた以上に、提案力とか対応力というか、対人力っていうんですかね?そういったものが必要な仕事だと思います。あとは、現場の流れを作っているのは、職人さん達なので、職人さんの考えを理解して、自分から動くのが慣れるまではけっこう大変でした。

職人さんが働きやすいようにフォローするのを心がけて、信頼関係を築いていくのは大変だけど、やりがいもあるよね。難しい注文があっても、職人さんから快く「波瀬さんのお願いだから聞くよ」って言葉をもらえたときは本当に嬉しかったなぁ。2人はどんなときにやりがいを感じる?

波瀬
高橋

スケール感ですかね。一件一件の規模が大きいので、工事規模が大きいほどやりがいと達成感を感じますね。現場の仕事は、機械の搬入搬出が朝早く夜遅いこともあって大変なこともあるんですけど、なんだかんだやっぱり現場が好きです。笑

私は、現場での経験を実務に活かせたなと思うとき、いちばんやりがいを感じますね。成長できたなって感じる瞬間です。

安田
Topics 3

どんな人が福山に向いているか

高橋

ポジティブな人が一番ですね。現場は変化の連続なので、常に前向きに、変化に対応できる人がいいと思います。あと、積極的に意見を言える人かな。

成長意欲の強い人だと思います。事業拡大のため、成長の機会は山ほどあると思います。チャレンジ精神のある人が向いてそうです。

安田
波瀬

思いやりのある人かな。お節介で気遣いができる人、人のために何かできる人がいいと思います。

編集後記

福山の若手社員たち。
日々の経験を通して、この一年のうちに自ら動き
判断できるようにまで成長しました。

まだまだわからないことや、困難なことはたくさんあるようですが、
毎日とても前向きに仕事に向き合ってくれています。
福山は、社員を「育てる」ということをとても大切にしています。

日々、経験と学びを高速で繰り返し、
爆速で成長する新入社員たち。
そんな彼らのこれからが楽しみでなりません。

福山の採用に関する
お問い合わせはこちら

03-3291-6123