FUHUYAMA

耐火被覆工事

火災による崩壊から建物を守る
耐火被覆とは、鉄骨の柱・梁などの構造材に施す、火災時の温度上昇を防ぐことを目的とした被覆のことです。鉄骨は火災時の熱に弱いため、温度が上昇すると次第に軟化し、倒壊するおそれがあります。耐火被覆工事を施すことで、建物を熱から守り、人命の保護、建築物の安全確保という極めて重要な耐火性能を確保することができます。 株式会社福山では、高性能で施工性のある耐火材料を取り扱っております。

マキベエ®(巻付け被覆材)

メーカー:ニチアス株式会社
マキベエ®とは、巻付けタイプの耐火被覆材です。

耐熱ロックウール繊維を基材とし、表面に着色不織布を施しています。 従来の吹付け耐火被覆材では難しかった箇所にも施工が可能で、様々な建築空間に対応することができます。

マキベエ®の特徴

  • 粉塵がほとんどないため、他作業との並行工事が可能となります。また、表面に着色不織布を施しているため、施工後の発塵量も少なくなっています。
  • 吹付けとは異なり工事生産で品質管理をしっかりとおこなっているため、厚さ・密度の精度が安定しています。
  • 専用固定ピンを電気溶接して取り付ける工法により、鉄骨に確実に固定でき、また材料も柔軟であるため、脱落・破損のリスクを低減できます。
  • スラグを再生原料として使用しており、環境負荷が低い耐火被覆材です。また、アスベストは含まれておりません。
半乾式吹付けロックウールとは、
鉄骨柱や梁、床、外壁等に使用できる汎用性の高い耐火被覆材です。

すべて無機質の材料なので、経年劣化が少なく
長期にわたって安定した品質を保持できます。

半乾式吹付けロックウールの特徴

  • ロックウール(粒状綿)とセメントを材料としているので、軽量で施工性に優れています。
  • 現場吹付け施工なので、複雑な形状にも容易に対応できます。
  • さまざまな材質、形状においても継ぎ目なく、必要な厚さとかさ比重が確保でき、断熱性能に優れています。
    また、多孔質材料として優れた吸音特性があります。
  • アスベストは含まれておりません。
ケイ酸カルシウム板とは、ケイ酸質原料、石灰質原料及び補強繊維を主原料とした梁・角柱用の耐火被覆材です。

加工性に優れ、断熱性能も兼ね備えています。 成形板のため、塗装・クロスの場合はそのまま下地材として使用でき、仕上がりが美しいのが特徴です。

ケイ酸カルシウム板の特徴

  • 耐火性能を保証する原料配合・比重・材厚を工場で徹底管理していますので、施工時には取付状況の目視確認でOKです。
  • 別途仕上げボードが不要のため、薄くコンパクトに仕上がります。
  • 現行法にとどまらない耐熱レベル(耐熱温度:1000℃)を有しています。
  • 耐震性も抜群であり、建築物のライフサイクルと同等の耐久性を備えています。
  • アスベストやフロン、ホルムアルデヒドやその他のVOCは含まれておらず、人に優しい材料です。
免震耐火被覆システムとは、鉄筋コンクリート柱や鉄骨鉄筋コンクリート柱部の免震装置に対し、耐火材(パネル型・多段積層型)を設置する耐火被覆システムです。

万一地震が発生した場合に火災から免震設備を防護することにより、二次災害およびその後の躯体へのダメージを防ぎます。

免震耐火被覆システムの特徴

  • パネル型
    近接する壁の変位を妨げず、区画を形成しやすい構造です。
    設置場所の条件に合わせて、開閉式と固定式を使い分けることができます。
  • 多段積層型
    取付用の下地を必要としないため、取付け・取外しが容易です。
    滑り抵抗を低減する塗装を施しており、変位時にスムーズに追従します。